有限会社ワールドカスタマイズサービス 古い産業機械、輸入機械等、部品が調達できなくなった機械の修理、調整、部品の設計・取り付け工事を請け負っております。どんな希少機械でも対応致します。
すべてはお客様のために・・・


古い産業機械、輸入機械等、部品が調達できなくなった機械の修理、
調整部品の設計・取付工事・・・
どんな希少機械でも対応致します。
→ in English

トップページ
会社案内
おしらせ
New!!
営業品目
余談・・・
Extra

New!!
ロボット床掃除機
 “ルンバ”

各種工作機械の
補修メンテナンス
Maintenance
研究用装置
伝動機器用部品
インカーユニット
(缶印刷機)
修理&型換
スピンドルディスク
オーバーホール
機械工具/冶具
据付工事・取付相談
ベアリング/ シール
電気設備&装置
自動車の部品
(オーダーメイド)

お問合せ


配管用部品、材料
(ホース、ホース金具類)


国内外問わず、各種お取り扱いしております。
メーカー名、サイズ、型番等を御申しつけ下さい。

取扱品種例:

AERO QUIP、ニッタ、パーカー、コガネイ、
その他各種(多すぎてあげられません!)


メーカーとサイズの選定について:

殆どの品物はあらかじめ決められた規格で製品となっています。
配管のプロセスも最近ではメートル系になってまいりましたが、実は根本はいまだにインチ系の呼びがそのまま使われています。

注意しなければならないのが、ネジのサイズです。管そのものは殆ど同一の物と考えて問題ありません。しかしネジは大きく分けて、PT,NPT,PFの3種類程に分類されています。

これらは「似て否なる物なり、」であって現場での識別も意外と困難で厄介な事です。
同じ呼びサイズでもごまかしてジョイント出来る組合せは唯一、オス側がPTでメス側がNPTであった場合にのみ有効ですが、危険を伴う液化薬品や可燃性ガスなどが通る場所には絶対に流用してはいけません。
こうした要素の場合はしかるべく規格内どうしの配管材を用いて下さい。
ちなみに、NPTを世間では「アメリカねじ」と呼ばれています。
その他は皆互換性の高い物どうしですが、PFと呼ばれる物はPF同士でないと合いません。
単管とフレアーの違いについて:

写真は、1インチストレートニップルと呼ばれている継ぎ手です。

パイプとパイプを繋ぐ、なんだか一見簡単な事の様に思えますが実はパズルの様に複雑と繊細な美的センスを要求されます。

写真左側に見える白い部分はシールテープと言って、連結後に中からの漏れを防ぐ為のテープ状の物です。
最近ではチューブに入った液状のものまで市販されていますが、一旦分解して再度使用する頻度が多い場合はこの液状はあまりお薦めしません。
シール性としては高いものの、ネジの至る所まで詰まった形で固まるので、再度取り付け前にこれらを掃除する行為が大変であるからです。

単管と呼ばれる物の殆どはこのタイプで、常にシール材を必要としますが、多く勘違いして使われているのが、右側部分の様な形状にまでシール材をあててしまう使い方です。
これはかえって漏れ出す原因となります。
右部分は先端がテーパー状になっていますよね?
この通り相手側も同じ規格でテーパーが出来上がっています。
各々が密着する事によって機密が保たれる仕組みなので、ここにシール材を用いると今度は完全に密着出来ていない環境にいたります。
案外と使われていた方ではないですか?
もしその様な事でしたらただちに取り除く事をお薦めします。



例:外国製で配管の殆どがあわない!

この様な場合は第一配管部をすみやかにmm系に変換する事をお薦めします。
一旦根元である第一接続部に「アメリカねじ」と呼ばれるNPTから、国内調達の簡単であるPTに片側だけがアメリカねじである通称、変換継ぎ手と呼ばれる物を組み込んでしまえば、あとは急ぎならその辺のホームセンターで手に入る物でも対応可能な場合があります。



給油用継ぎ手(グリースニップル)

写真は給油用グリースニップルと開放側のリリーフバルブです。

機械の運転も順調にいたりました。最後に必要な保守項目として「給油」が残っていますね。
最近では本体から給油口まで距離が必要だと、途中をテフロンなどの高圧に絶えるチューブ材によって繋ぐ事も当たり前になりましたが、その昔はこうした高圧に耐える素材としては「銅管」を用いていました。

途中経過はいずれにせよ、上の写真にある様な給油口と、反対にたくさん給油しすぎた際に開放される側の構成は今でも同じです。
左が開放用のリリーフバルブ、右が給油用のグリースニップルと呼ばれているものです。

よく自分で給油作業をしていて、設計氏を疑う事があります。
後々手も入りにくい場所にこのリリーフ弁がどこにもみあたらない!?
そんな場合はかなり慎重になるし嫌なものです。給油による加圧(内圧)が限度をこえるとその品物が破裂したり、オイルシールなどは飛び出てしまいます。
その辺の逃がしをリリーフバルブは補ってくれる物で、品物に悪影響を与えるまえにここから不要な油や内圧による空気などを全て排出してくれるからです。
まだ装備されていないが場所がとれると言う方は早急にリリーフ弁の追加をお薦めしています。



取付けは分解整備時などに別途ドリルで穴をあけて、このバルブ用のネジをタップにより切るだけで完了です。

写真のグリースニップルはストレート、通称「A型」と呼んでいますが、給油箇所の姿勢や配置による角度が必要な場合には45度傾いている物や、65度のものまであります。




在宅、SOHO、求人

有限会社 ワールドカスタマイズサービス
〒123-0841 東京都足立区西新井5-7-14-101
TEL:03-6715-9600  FAX:03-6715-9601

Copyright(C) 2004-2015  WORLD CUSTOMIZE SERVICE INC.  All Rights Reserved.

Produced by  INTERNET EXCALIBUR